除カビ|防カビ|ハウス抗菌|シックハウス|長崎|福岡


防カビ、除カビ、ハウス抗菌の事なら
ミルテックにお任せください!

カビのミルテックの取組みカビのミルテックの取組みカビについてカビについてカビ防止対策カビ防止対策除カビ・防カビ事例除カビ・防カビ事例

カビ防止対策

徹底的なカビ防止対策


最近は、ホルムアルデヒドなどでのシックハウス症候群が話題となっています。

家族との幸せな未来を夢見て建てた新築の家・リフォームした家・・それが家族の健康を蝕み続けるものとなってしまったら・・。

通常、建材に目がいきがちですが、「必ず」と言ってよいほど発生するカビの怖さについては、まだまだ認知されておりません。

〝市販の防カビ剤でなんとかなるわ。最近は、かなり強力らしいし・・。〟かなり強力に影響あるのは人体もありえますし、それが新たなカビの栄養になる場合も・・つまり徹底的にカビの生えにくい下地の処理をしないといわゆる「追っかけっこ」になるのです。

新築、リフォームの防カビ

目に見えないミクロの恐怖

0011.JPG0011.JPG施工前 ※クリックで拡大表示知らないうちに身体や住宅・家財道具を蝕む微生物(カビ・バクテリア)災害、ミクロンの目に見えない相手に侵略され、アトピー・気管支炎・大腸菌(O-157など)・サルモネラ菌など。
「私たちの生きている環境は決してきれいではない。O-157との共存は当たり前になっている。」
(渡部治雄国立予防衛生研細菌部長 東京新聞平成9年3月27日)

0012.JPG0012.JPG施工後 ※クリックで拡大表示
医療費の負担が増大するなか、住居と健康の防衛の為、また小さな子供が健康に育つ環境づくりに微生物災害を減少させる必要が家庭をもった者の責任だと思います。

home_5.jpg人間の住む環境は、微生物の生活の範囲の一部です。微生物はそれぞれの環境になじんで有機物、無機物を分解し、20億年もの長い間地球に貢献してきました。しかし、人の住む場所ではバランスの上で見えないカビは必要ですが、その姿が見え、集落(コロニー)となった時に、人体は大きな影響を受けます。目に見えるコロニーは天が人に教えてくれる信号といえます。

カビはダニの生育に欠かせない食物であり、また木材のカビは白蟻を呼びます。

したがってカビとはまさに、人の住む家にあってはならないものなのです。それだけに、新築のときから防止対策を講じておく事がいちばんよい結果を生みますが、もちろん築後のメンテナンスも大切です。

運悪く汚染が起こってしまったら、素人療法では対応しきれず、結露対策から抜本的な専門的治療が必要となります。

また、住宅のカビ・ダニによる代表的な病気としては、気管支ゼンソク・鼻炎・皮膚真菌症・アスペルギルス症・ムコール症・アトピー性皮膚炎などがあげられます。

こうした病気を防ぐためにも、ミルテック工法は効果を発揮します。

新築


ホルマリンや有機リンなどの有害化合物を除去しつつ、有害な微生物(カビ・細菌)やダニの発生を防止できる方法です。(創造法認定)

  • 被処理材の表面に付着する細菌やカビを殺菌除去し、表面には被膜を形成しないで結露を防止。
  • 加工したことが見た目にはわからない仕上がり。
  • 酸・アルカリに変質しにくく、効果は安定して長期間安全で有効。


リフォーム


発生したカビを取り除き、クリーンな状態に復元してから防カビ施工します。臭いの問題も速やかに除去できる画期的な方法です。